バジリスク絆 リセット(恩恵・判別・テーブル・挙動・期待値など)まとめ

いまだに根強い人気を保つバジリスク絆について、今回、リセットに焦点を当てて解説していきたいと思います。

 

今までの総復習みたいなものなので、意外と覚え間違っていることが多かったりとするので、今回を機に見直してみてはいかがでしょうか。

 

それでは、初めにリセットの恩恵からやっていきたいと思います。

 

バジリスク絆 リセット恩恵

 

バジリスク絆のリセットの恩恵について、まとめてみたので、以下をご覧ください。

 

・BC回数スルー天井がリセットされ、再抽選
・モード(状態移行)がリセットされ、再抽選
・テーブルがリセットされ、再抽選
・高確率状態がリセットされ、再抽選
・BC間天井ゲーム数は500Gに再セットされる

 

 

簡単に言えばすべてリセットされるということで間違いないです。

 

しかし、テーブル・モード・高確率状態などがリセットされ、再抽選となるので、リセットで狙うのであればそこが重要な部分となります。

 

次にリセットの判別に参りましょう。

 

リセット判別・挙動

 

リセット、もしくは電源ON・OFFをすると必ず、甲賀卍谷になります。また、液晶出目はリプレイ・リプレイ・ベルの状態になります。

 

そのほかの場合は、店員が1G回している可能性が非常に高いので、他の台でガックンチェックをする際は気を付けなければいけません。

 

話を戻しまして、リセットした際にどのような挙動をするかというと、状態移行が再抽選されています。以下をご覧ください。

 

状態移行率
通常 高確  超高確
設定1~6 70.60% 26.10% 3.20%

 

高確移行時の振り分け
ゲーム数 振り分け
高確15G 62.40%
高確35G 20.80%
高確55G 5.20%
無限高確 0.50%
超高確15G 9.40%
超高確25G 1.00%
超高確35G 0.50%
無限超高確 0.10%

 

まず、初めに、何も引かずに高確状態の挙動をしたり、土佐峠に移動した場合はリセットの可能性を疑ったほうが良いでしょう。

 

なぜかというと、設定変更後はフェイク高確が発生しない仕様となっているからです。

 

ただし、注意点があり、数ゲーム回した際に弱チェリーや共通ベルを引くと、高確かどうか判別がつかない状態になるので、注意しましょう。

 

また、ここで深追いをしてしまわないように、慎重に高確かどうかを見分ける判断が重要になってきます。

 

その為、高確演出をしっかりと見直してから実践に臨んだ方が良いでしょう。

 

次にリセット後のテーブルについて解説します。

 

バジリスク絆 リセット後のテーブル

 

リセット後のテーブルについて解説していきたいと思います。

 

以下のテーブル表をご覧ください。

 

テーブル 設定1 設定2 設定3 設定4 設定5 設定6
A 各6.5% 各7.1% 各6.3% 各6.9% 各6.1% 各6.7%
B
C
D
E
F
G
H 各3.0% 各3.6% 各3.0% 各3.6% 各3.0% 各3.6%
I
J
K 各2.0% 各2.0% 各2.0% 各2.0% 各2.0% 各2.0%
L
M
N 4.50% 3.50% 4.90% 3.90% 5.30% 4.30%
O 1.50% 1.00% 1.60% 1.10% 1.70% 1.20%
P 3.50% 3.00% 3.60% 3.10% 3.70% 3.20%
Q 7.50% 7.00% 7.60% 7.10% 7.70% 7.20%
R 2.50% 2.00% 2.60% 2.10% 2.70% 2.20%
S 4.50% 4.00% 4.60% 4.10% 4.70% 4.20%
T 1.00% 0.50% 1.10% 0.60% 1.20% 0.70%
U 2.00% 1.50% 2.10% 1.60% 2.20% 1.70%
V 各1.5% 各1.0% 各1.6% 各1.1% 各1.7% 各1.2%
W
X
Y 7.00% 7.00% 7.00% 7.00% 7.00% 7.00%
Z 1.00% 1.00% 1.00% 1.00% 1.00% 1.00%

 

・A~Jはメインの普通テーブル(通常A)
・K~Mはモード移行率が若干優遇されているが、ハマりやすいテーブル(通常B)
・Nは天井までオールAだが、AT後はYZ確定の天井一直線テーブル(ハマり)
・O~Uはモードが優遇され、それがループしやすい高テーブル(SP・A)
・V~Xは天井が浅く、次回高モードorY・Zが約束されている優遇テーブル(SP・B)
・Y・Zは1回目AT確定でかつ高テーブルに移行しやすいテーブル(SP・C)

 

このように割り振られます。

 

高テーブルに移行する可能性が高いです。

 

高テーブルで期待値が見込めそうならば、そのまま続行ということも視野に入れて判別していきましょう。

 

次にリセット後のモードについて説明していきます。

 

リセット後モード

 

リセット後のモードについて解説していきたいと思います。

 

以下のグラフをご覧ください。

 

 

高確移行期待度 BCからのAT当選率(低確) BCからのAT当選率
(高確以上)
モードA
モードB
モードC
モードD 確定 確定
モードE 確定 確定

 

モード移行率
A B C D E
設定1 41.50% 25.50% 25.00% 各7.0% 各1.0%
設定2 40.50% 26.30% 25.20%
設定3 42.10% 25.10% 24.80%
設定4 41.10% 25.90% 25.00%
設定5 42.70% 24.70% 24.60%
設定6 41.70% 25.50% 24.80%

 

 

以上のグラフを見て頂ければわかるように、モードC~Eの移行率は32.6%~33.2%あるということが分かります。

 

演出の覚え間違いさえしなければ、他の台を見てモード狙いということも可能となっています。

 

狙うとしたらモードC以降が狙い目です。

 

リセット後の天井

リセット後の天井について解説していきたいと思います。

 

まず初めに、上述にありますが、BC間のゲーム数は500Gに再セットされ、BCスルー回数もリセット・再抽選されます。

 

以下の表をご覧ください。

 

スルー回数天井振り分け
1回 3回 5回 7回 9回 10回 11回
設定1 各8.0% 1.50% 1.50% 1.50% 22.50% 60.50% 4.50%
設定2 1.00% 1.00% 1.00% 19.00% 66.50% 3.50%
設定3 1.60% 1.60% 1.60% 23.20% 59.10% 4.90%
設定4 1.10% 1.10% 1.10% 19.70% 65.10% 3.90%
設定5 1.70% 1.70% 1.70% 23.90% 57.70% 5.30%
設定6 1.20% 1.20% 1.20% 20.40% 63.70% 4.30%

 

 

以上を見て頂ければわかるように、1回目は8%あり、その後9回目までは厳しい状態となります。

 

しかし、ここで思い出してほしいのがテーブル・モードの再抽選です。

 

テーブルとモードは良い状態に移行しやすい為、スルー回数天井は、ほぼ役に立たないものとなります。

 

しかし、リセットされているかどうかの判別には使えますので、店の傾向と前日のスルー回数と見比べて、宵越し天井を狙うのはアリだと思います。

 

ただし、深追いして、リセットだったとならないようにしっかりと周りの台や自分の台のテーブル・モードをしっかりと判別しましょう。

 

バジリスク絆 狙い目

ここまでリセットの狙い目について解説してきましたが、もう一度まとめます。

 

・モード・テーブル狙いは可能である
・リセット後の高確を見極め、リセットされているかの確認
・リセット後の天井狙いは厳しい

簡単にまとめると以上のようなものとなります。

 

しっかりと店の特徴や傾向、また、高確の判別をしっかりと見極めなければいけないため、初心者向きではないことをお伝えしておきます。

 

しかし、見方を変えればしっかりと見極めることが出来るのであれば、他の人と差が出来るため、期待値収支が見込めるので、予習をしっかりとして実践に挑んでみてはいかがでしょうか。

 

以上、バジリスク絆 リセット恩恵・判別・テーブル・挙動・期待値・天井・狙い目・モード・恩恵でした。



そういえば、最近はパチスロよりもカジノアプリの方が稼げるって知ってましたか?

家でも会社でも、パチ屋に行けない時にカジノアプリでサクッと稼ぐ人が増えてきているんです。

私もパチ屋の空いてない時間や期待値のある台が見つからない時に、このアプリでポチポチしながら稼いでいます!

今のところiPhoneしか対応していません。

Android版がリリースされたら、一気にやる人が増えて稼ぎづらくなるので、iPhoneユーザーは今がチャンスです!

無料でダウンロードできるので、試しにやってみてください!  

>> 人気のカジノアプリ「レガーロカジノ」を今すぐダウンロード <<