kachidoki カジノゲームもできる?

kachidokiサイトは元々はオンラインカジノですので、カジノは勿論出来ます。スロットやパチスロはどうやら日本人向けに作られてるみたいです。

スロットやパチンコに少し飽きたな…なんて思ったらカジノでも遊ぶ事が出来ますので、たまにはカジノに挑戦してもいいかもしれません。

スロットやパチンコみたく甘くないので私が思うには、遊び程度に少し気分転換ぐらいで遊ぶのがいいと思います。

カジノは知っているけど、ルールが分からない人は多いと思います。kachidokiでどんなカジノがあるのか、ルールも簡単にですが説明していきたいと思います。

カジノは日本人にはあまりなじみがありません

「実際、カジノってやったことある?」と聞かれても、大半がポーカーが多いと思います。

何故なら…

トランプで簡単に出来てしまうからです。

ゲームセンターなどにもカジノが置いてありますが、メダルをかって遊びますが、大体はポーカー、競馬、スロットをしている方が多いかなと思います。

色々な種類があり、知ってはいるけどルールがいまいち分からないという方のほうが多いと思います。

kachidokiサイトにもカジノは存在していますが、スロットの4号機が出てから、kachidokiサイトを登録してやっている方が増えたと思います。

日本人はやっぱりスロットをやる方が多いと思いますし、カジノをやる機会が少ないので仕方ないですが、kachidokiサイトはどちらも出来るようになっています。

カジノと聞くと海外のイメージが強いのではないでしょうか?そこでkachidokiのカジノを説明していこうと思います。

kachidoki カジノゲーム ポーカー

皆さん、一度は聞いた事があると思います。

でもやった事がない、ルールを知らない、役もあるんでしょ?

と思う方も少なくともいると思います。

ポーカーはトランプがあればどこでも出来てしまう簡単なゲームです。

ポーカーのルールは二種類あります。

 

「ドローポーカー」

「テキサスホールデムポーカー」

 

というのがあります。

普通にトランプで遊ぶ場合はドローポーカーが多いと思いますが、テキサスホールデムポーカーは世界共通のルールになっています。

皆さんがやっているポーカーは、殆どがドローポーカーです。ルールも役も単純ですので覚えてしまうとすぐに出来てしまうゲームです。

 

ドローポーカーのルール

まず最初にトランプをよく切ります。これはどんなトランプのゲームでも一緒です。切った後、全員に5枚づづカードを配ります。

役を作る為にカードを何枚かチェンジしていき役をつくっていきます。殆ど心理戦になっていきますが、役の説明は後でしていきますが…

親が仕掛ける事によりベット(勝負を仕掛ける事)かフォールド(勝負から降りる事)のどちらかを決める事が出来ます。

親がどちらかを選択した場合、親以外の人がコール(勝負をする事)かレイズ(掛け金を上げる事)か
フォールドのどれかを決める事が出来ます。

レイズされた時は親はコール、レイズ、フォールドのどれかを選ぶことが出来、全員の掛け金が同じになるまで続いていきます。

終われば手札をオープンさせ役で勝ち負けを決めます。どちらかと言えば心理作戦に近いゲームとなります。

この方法が日本では一番多くやっているルールだと思います。私自身も殆どがこのルールでやっていた事が多かったです。

テキサスホールデムポーカー

こちらのポーカーのルールはkachidokiにもあります。これからポーカーのルールを覚えようと思うならばこちらの方がいいかなと思います。

最初に親の右にいる人が最低金額を決め、更にその右の人が決めた金額の半分を真ん中に置きます。それが終わったら全員に2枚カードを配ります。

手札を見てから親がベットかチェック(様子を見る事)かフォールドのどれかを選びます。

そこまで出来たら、今度は時計回りにコール、レイズ、チェック、ベット、フォールドのどれかを選んでいくのですが、チェックとベットの場合は前の人がチェックをしていないと出来ないので注意して下さい。

出揃ったら次に山札から真ん中に3枚のカード(コミュニティカードと言います)を表向きに置き、コミュニティカードを見ながら自分の手持ちのカードをどうするか決めていき、コミュニティカードが5枚になった時点でターンの終わりまで続けていきます。

ターンが終わったら手札の2枚のカードとコミュニティカードの5枚の中から5枚組み合わせ、自分の一番最強の手札を作っていきます。

勝った人は、総掛け金を貰えるルールになっています。

こちらの方が少し難しいと思いますが、オンラインカジノですので覚えておくとやりやすいと思いますし、勝てればいい金額になっていると思います。

世界共通ですので、仮に海外でポーカーをやる事になってもルールさえ覚えておけば、すぐに出来ますし、心理作戦も上達すると思います。

いきなりオンラインでやるよりは最初はアプリでもありますから、慣れるまでは、アプリから始めるのもいいかもしれません。

kachidoki カジノゲーム ポーカーの役

ポーカーのルールは2種類ありますが、どちらも役は一緒です。

・「ワンペア」

これは一番弱い役です。同じ数字のカードが2枚揃った時の役です。例えば2が2枚手持ちにある事です。

 

・「ツーペア」

同じ数字のカードが2種類になった時です。例えば2が2枚と3が2枚手持ちにある時です。

 

・「スリーカード」

同じ数字のカードが3枚ある時です。例えば2が3枚ある時です。

 

・「ストレート」

5枚のカードが連番している時です。例えば2,3,4,5、6と揃っている時です。

 

・「フラッシュ」

5枚の絵柄が同じ時で数字はバラバラでも大丈夫です。例えばスペードが5枚揃っている時です。

 

・「フルハウス」

ワンペアとスリーカードになった時です。例えば2が2枚のワンペアと3が3枚のスリーカードに
なっている時です。

 

・「フォーカード」

同じ数字のカードが4枚の時です。例えば2が4枚手持ちにある時です。

 

・「ストレートフラッシュ」

5枚のカードが同じ絵柄で連番の時です。例えばスペードの2,3,4,5,6、と揃っている時です。

 

・「ロイヤルストレートフラッシュ」

一番最強の役です。同じ絵柄で数字が10、J、Q、K、Aで揃っている時です。

これが役になります。ジョーカーは合わせることが出来ます。

仮に手持ちに役がなくジョーカーがあるとします。どれかと合わせてワンペアをつくる事が出来ますし、ツーペアの時はフルハウスになりますので、ジョーカーが手持ちにあったら捨てずに取っておいて下さい。

大体、これがポーカーのルールになります。

後は人が捨てたカードを見ながら役を作っていく形になり、心理戦なので、自分の手持ちに役が無い場合はあるように見せかけたりもします。

運よりは心理作戦のゲームになります。

 

kachidoki カジノゲーム ルーレット

ルーレットも聞いた事はあると思います。これも単純なゲームですが、意外と難しいと思います。

赤と黒、0と00があります。勿論0や00に入れば高額になります。ルーレットにも2種類あるのをご存知でしょうか?

 

「アメリカンルーレット」

「ヨーロピアンルーレット」

です。単純に違いはヨーロピアンのほうは00がありません。

ただ、ルール的には単純なゲームなのですがルーレットの場合はルーレット専用チップを使用してゲームを行います。

基本的なルールとしては、シート上に自分で賭けたい番号にチップを置き、ディーラーがウィール(回転盤の事です)の中にボールをはじき、「ノーモアベット」と言いますので、それまでは移動させたり追加で置いたり出来ます。

当たり番号が決まるとディーラーがピックを当たり番号に置き、外れたチップを回収します。当たった場合はピックを引き上げた後に配当が配られ、じぶんのチップを回収するルールとなっています。

基本的なルールは意外と簡単でやりやすいと思います。配当はその時の掛け金で決まりますので一概に金額は言えません。

当たると大きいのは間違いないです。

 

kachidoki カジノゲーム ルーレットには倍率があります

簡単にできるルーレットですが、ちゃんと倍率があるのをしっていますか?

まず…「インサイドヘッド」

という場所です。インサイドヘッドとは数字の場所になります。

インサイドヘッドについて簡単に説明していきます。

 

・「ストレートアップ」

1つの数字だけを選ぶやり方です。勿論、38個の数字の中から1つ選ぶわけですから倍率は36倍になります。これに賭けるのはかなり勇気がいると思います。

 

・「スプリット」

隣同士の数字に置く事です。隣同士の数字の線の上に置くので2つの数字を指定出来るやり方です。線上でしたらどこでも大丈夫です。倍率は18倍になりますので、1つの数字よりは期待度は少しだけありますし18倍ともなれば賭ける方も多いと思います。

 

・「ストリート」

シート上に3つ横に並ぶ部分があり左右どちらかの線の上に置き、3つを指定します。通称、トリプルと呼びます。この倍率は12倍ありますので12倍も中々魅力的です。

 

・「コーナー」

4個の数字の真ん中に置く事を言います。倍率は9倍ですが、4個指定出来るので、このやり方が多いかと思います。

大体こんな感じでしょうか。これさえ覚えておけば勝った時の金額がいい金額となると思います。

 

アウトサイドヘッド

インサイドヘッドの説明をしましたが、今度はアウトサイドヘッドの説明をします。

インサイドヘッドは数字でしたが、アウトサイドヘッドは数字以外の場所に賭ける事を言います。アウトサイドヘッドは倍率が低い為、賭ける人は大きく賭ける事が多いかと思います。

一番最高倍率が3倍ですから、大きく賭けてしまいがちです。

アウトサイドヘッドは「赤もしくは黒」に賭けるのと、「奇数か偶数」のどちらかに賭けるのと、「ハイ(19から36)かロー(1から18)」のどちらかに賭ける事、「ダズン」は1から12のどれが、来ても当たり、13から24までのどれかが来ても当たり、

25から36のどれが来ても当たりの3パターンがあり、「コラム」は縦一列に賭ける事が出来、3パターンあります。

ルーレットにもちゃんと倍率があり、自分が賭けたい場所に自由に置く事が出来ます。他の人が賭けてる所にも置けますので勝ち続けている人に乗っかってもいいと思います。

kachidoki カジノゲーム 【まとめ】

カジノが出来るかどうかを説明させていただきました。他にも出来るカジノがありますが今回は代表的な2種類のカジノの紹介をさせて頂きました。

この2種類がやりやすいのかなと思います。実際に海外でカジノをした事がありますが、この2種類に手を出して遊んでました。

単純でルールも分かりやすいですし、なにより楽しめる事です。

ポーカーにしてもルーレットにしても日本人はやりやすいのかなと思います。kachidokiでも他にもカジノはありますので一度もやった事が無い方はやってみて下さい。

でも、あくまでも遊びの一環としてやるのが一番いいと思います。カジノもスロットやパチンコ同様…もしくはそれ以上、投資してしまいますので、遊ぶ時には金額に気を付けて遊んで下さい。

いきなりオンラインカジノでお金をかけるよりはやり方を知ってからの方がいいと思いますので、無料のアプリでルールを知って、慣れてからオンラインカジノで遊んだ方が良いと思います。

何故かというと、変な言い方になりますがカモにされてしまいます。ギャンブルなので熱くなればなるほど投資してしまいますし、気付いた時には、もう遅かったなんて事になりかねません。

kachidokiに登録だけしておいても問題ありませんので、登録してその間に腕を磨いて、出来るようにしておくのが良いと思います。

 

kachidoki カジノゲームについてでした。