kachidoki パチスロ 大祭りのスペックは?

大花火…いや、大祭りはやってみましたか?
一体どんな感じなのでしょうか?
大花火にはなくてはならないあの…

「氷の滑り」

の存在はあるのかが気になるところでもあります。

kachidokiサイトはどの様な感じに仕上がっているのか、それとも全く別なのか気になりますよね。

今回は大祭りに関するスペックなどを紹介していこうかと思います。

kachidoki 【大祭りの詳細について】

実際に4号機時代の大花火にそっくり作られています。オンラインスロットですのでオートプレイは可能ですが、小役は取りこぼします。

でも、大花火のリプレイ外しは存在している事が判明しました。

リプレイ外しが苦手な方もいると思いますので、そんな時はオートプレイで、操作しておくといいと思います。

他の小役は取りこぼすのになぜかリプレイ外しはしてくれる…何か変ですよね。

自分でリプレイ外しを出来る方は自分で勿論打つ事も出来ますので、目押しを楽しむ事も可能です。リールを自分で押して楽しむ方法もオンラインスロットならではの遊び方の一つでもあります。

kachidoki 大祭り【リールの配列】

大花火と大祭りのリール配列は全く一緒になっています。しかし、図柄は少し違っていますが、小役の払い出しも殆どと言っていいほど、一緒になっています。

結果的には図柄が違うだけで配列も払い出しも一緒となりますので、目押しを出来る人であれば簡単に出来るようになっています。

目押しが苦手でも、オンラインスロットですので目押しの練習にはなるのかなと思います。

オートプレイよりは自分でリールを打つ方がスロットをやっている実感は出てきますし、楽しめると思います。

私自身も目押しの失敗なんて実機でもよくやってしまいますので、完璧な人はいませんし、ゲーム上ですので見にくい部分もあると思います。

自分が楽しめるのが一番です。

kachidoki 大祭り【打ち方】

花火シリーズでは、氷がテンパッタ時に赤7を狙うのが基本で、氷テンパイからの中リール氷滑りになった時のあの感激がありました。

通常に打つ時は左のリール枠にHANABIを狙うのが普通です。kachidokiの大祭りもやり方は一緒なのですが、図柄が違うので気を付けて下さい。

HANABI図柄ではなくて「灰色の図柄」を狙います。BAR狙いみたいな感じです。これがHANABIと同じ要素を表している為、この図柄を狙って下さい。

大花火では予告音はあったのですが、大祭りには予告音が無いので、左枠に灰色図柄かチェリーを狙って下さい。

と言う事は…

オートプレイより自分で打った方がいいじゃんと思いますよね。

予告音がない大祭りですので、オートプレイよりは自分で打った方がいいと、私は思います。

どちらで遊ぶかは自分で決めて遊ぶのが良いと思います。あの予告音がいいのに無いのが残念です。

kachidoki 【大祭りのハマり】

4号機自体が天井がありませんので設定が悪ければ1000回転以上になってしまう事も、普通にあります。

Aタイプは設定のいい台を選ばないと投資投資の連続になってしまいます。

仮に設定が6だった場合は「お見事!」となりますが、連チャンしても途中で、必ずどこかで少々ハマってしまいます。

設定6はそんな感じですのでハマりそうでもやめない方は多いとおもいます。設定が5の場合は設定が6よりも安定しているのが特徴で徐々に増える感じです。

大きくハマる事はありませんが設定が6よりは連チャン率は多少なりとも、少ないですが、ヤメ時を間違わなければ勝てる設定になっていると思います。

これが4号機の実機の設定の話ですが、kachidokiは少しおかしい時があります。

設定が6であればハマってしまっても普通なら1000回転はいきませんが、kachidokiの設定6はなぜか設定1なの?ぐらい大ハマりして負けてしまう事が多いです。

やっぱり海外製か…

普通にそう思ってしまいます。

大花火を打っていた方は分かると思いますが、設定が6の場合のあの連チャン率、たまりませんよね。設定が6と確信出来たら普通は負ける事なんかない!

kachidokiの大祭りで設定が6と確信した場合はプラスになったら少し様子を見て、早目にやめてもいいかと思います。

kachidoki 【システム】

なぜ設定が6でかてないのか不思議ですよね。運営側のシステム上にあるのです。

カジノと聞いて思い浮かぶのが、日本人でも気楽に出来て簡単なルーレットがあります。海外のカジノに行くと分かると思いますが、ディ―ラーが最初は勝たせてくれます。

でもディーラーは自分で操作が出来るので段々と負けてしまいます。

kachidokiのスロットもそうなんじゃなかと思いますが、システム上なので、どうやっているかは、定かではないですが設定が6で総回転数が何回転になったら、ハマる仕組みになっているのかもしれません。

基板がどの様にして作られているのか知りたいところです。ちょっと雑談になってしまいましたね。

大花火とkachidoki 大祭りのスペックの差

大花火のスペックから説明します。

「BIG確率」「RG確率」
・設定1で 1/434  1/655
・設定2で 1/399  1/655
・説明3で 1/364  1/606
・設定4で 1/321  1/608
・設定5で 1/292  1/512
・設定6で 1/240  1/481

 

大花火の設定差はこんな感じでした。では、大祭りのスペックはどうなのか…

 

「BIG確率」「RG確率」

・設定1で 1/430 1/655
・設定2で 1/400  1/655
・設定3で 1/364 1/607
・設定4で 1/320 1/607
・設定5で 1/293  1/512
・設定6で 1/241  1/482

大祭りの確率もそんなに変わりはありません。

大祭りの出玉数が711枚というのも大花火と変わりはありません。

なのに負けてしまう…

やっぱり勝ち逃げするのがいいという事になります。

スペックもほぼ一緒ですので、途中でおかしいなと思った時はヤメ時かもしれません。海外サイトは何が起きてもおかしくないと思います。

kachidoki 大祭りのまとめ

今回は大祭りに関しての事を書かさせていただきました。スペックを見る限り大花火と何にも変わらないですし、若干図柄が違っていても、リール配列も変わらないのに勝てない理由が分かりません。

実機と同じですし攻略方法なんかあるのか…そう思ってしまいます。私としたら勝ち逃げパターンが一番いいかなと思います。

kachidokiサイトは現金交換が魅力的なサイトですので、しかもスマホでも出来るので、パソコンがなくてもどこでも出来てしまう所が危険かなとも思います。

請求書を見た時に…

「とんでもない金額だった!」

「払えないよ…」

何て事のないようにしないといけないサイトです。

やるなとも言いきれませんし、やってもいいよとも言い切れません。自己判断でやるかやらないかを決めるしかなさそうです。

投資ばかりしていたら普段の生活にも影響しかねませんしね。

「勝てる時もあれば、負ける時もある」

これがスロットです。

ひとそれぞれ、ギャンブルには低迷期があります。勝てる時はいつ行っても勝ちっぱなしや、負ける時はいつも負け続けている事に、身に覚えがあると思います。

私自身もそんな時はありますので、全然勝てない時は暫く休養します。でも、オンラインスロットがあるので…欲に負けてやってしまう時もあります。

今日は勝てると思いこんでしまうんでしょうね。kachidokiサイトはカジノも勿論あります。スロットで負けた分をカジノで取り返す…カジノで負けた分をスロットで取り返す…こんな感じで負けてしまう方も多いと思います。

kachidokiサイトもそうですが、金額を決めて楽しく遊んでみて下さい。

軍資金がないと遊びたくても遊べませんし、楽しくないと思いますし、やりたくても出来ないストレスも溜まってしまうので気を付けて遊んでください。

kachidoki パチスロ 大祭りのスペックは?についてでした。