バジリスク絆 天膳の残りベルの示唆

パチスロ バジリスク~甲賀忍法帖~絆がいまだに現役で、設定判別もだいぶ広まってきています。

 

そこで、あまり知られていない天膳BC(バジリスクチャンス)の残りベルの継続率とそれらにまつわる設定推測について解説していこうと思います。

 

バジリスク絆は特徴のある3つのBCから選べますが、天膳BCの特徴は突然告知&継続率示唆!!そして一発告知で周りの視線を集めることも多々あるBCとなっています。

そこで天膳BCについて深く掘り下げていこうと思います。

 

バジリスク絆 天膳BC概要

天膳BCはどんな特徴があるのかを、まとめましたのでご覧ください。

 

・BC中にレア小役などでBT(バジリスクタイム)に当選しない限りは継続率示唆が見れる。

 

・押し順ベルでの告知はBC成立時のBT当選が確定(告知の1G前にレア小役を引いていないことが条件)。

 

・通常リプレイでの告知は1G前のレア小役でBT当選、もしくは内部で瞳術図柄揃い成立

 

ここまでは分かっている方も多いと思います。次に天膳BCの告知のタイミングによってどのくらいのループのBTになるかを見ていきましょう。

 

バジリスク絆 天膳BC中の告知タイミング

 

残りベル 25%ループ 33%ループ 50%ループ 66%ループ 80%ループ
6回    – – – –  12.5%
5回    25.0% 9.4%  18.8%  7.8%  12.5%
4回    9.4%  25.0%  9.4%  18.8%   12.5%
3回    – –  18.8%  18.8%  12.5%
2回    9.4%  25.0%  9.4%  18.8%  12.5%
1回    25.0%  9.4%  18.8%  7.8%  12.5%
最終    31.2%  31.2%  24.8%  28.0%  25.0%

 

天膳BCは継続率判別に特化しております。そして押し順ベルでの告知タイミングで「AT継続率」を示唆しますので、BTのラストの弦之介の行く末を安心して見守ることが出来ます。

ただし継続率なので、高継続を引いてすぐに終わることも、たびたびあるので、台パンはやめましょう。

天膳BCの告知タイミングは小役当選なら即告知or次ゲーム告知のみ。

そして、弦之介BCと同じくレア小役や瞳術図柄揃いの時は残り回数が見れなくなってしまいますので注意が必要です。

1G前にレア小役がなくベル告知されればその残りベル回数を確認しましょう。そしてレア小役とベル告知が両方が来た場合は、レア小役の当選率や前回のBCの内容を加味した上で判断しましょう。

天井狙いでは朧BC一択となりますが、設定狙いの特別の条件下では有効活用するのもありだと思います。

次に、設定とループ率の関係性について解説していこうと思います。

 

バジリスク絆 天膳BCの設定とループ率とモードの関係性

モードA~D時 AT継続率振り分け解析

ループ率 設定1 設定2 設定3 設定4 設定5 設定6

25%ループ – 90.36% – 85.96% – 77.90%

33%ループ 91.18% – 89.06% – 82.29% –

50%ループ 5.00% 7.69% 6.25% 11.11% 8.33% 14.29%

66%ループ 2.78% 1.56% 3.13% 2.34% 6.25% 6.25%

80%ループ 1.04% 0.39% 1.56% 0.59% 3.13% 1.56%

 

モードE時 AT継続率振り分け解析

50%ループ…75%

66%ループ…20%

80%ループ…5%

※全設定共通

奇数設定なら33%、、偶数設定なら25%が高確率で選択されます。

そのため、天膳BCは25%ループと33%ループで告知振り分けが違う為、継続率示唆と同時に奇偶判別も出来ることになります。

弦之介BCと違って最終告知が少ないので、高確率でサンプルに含められるところが強みとなります。

ただ、天膳BCは使いようがありますが、設定狙いしている時は基本的には弦之介BCを選ぶのが無難かと思われます。

弦之介は456確定や6確定が出る場面がある為、そちらのほうが中途半端に設定推測するならいいと思います。

では、どんな時に天膳が使えるかを考えていきたいと思います。

 

バジリスク絆 天膳BCの使い所

設定456のみの判別となると天膳は優秀だと思います。

設定5は継続率33%の振り分けが82.3%で、BT当選時の相当数がこれに当てはまります。

注目すべきは残りベル「5,4,2,1回」この4つの告知パターンです。

 

この4つの告知は偶奇判別に特化しており

「偶数回数告知=奇数設定示唆」

「奇数回数告知=偶数設定示唆」

という風になります。

 

しかし、BCの色比率、BT初当たり確率、弱チェリーのカウントなどいろいろと合わせて見るのが必須なのですが、天膳BCはサンプル数が取れます。

弦之介で設定456が確定したときに、奇数の雰囲気が漂っている場合、天膳BCは使いやすいのではないでしょうか。

次に弦之介と天膳のBCの比較をしていきましょう。

 

バジリスク絆 弦之介・天膳の設定別 告知タイミング振り分け比較

弦之介BCでの設定推測

設定1 設定2 設定3 設定4 設定5 設定6

奇数示唆 20.30% 4.20% 20.30% 3.20% 17.20% 6.20%

偶数示唆 3.20% 14.00% 3.20% 12.60% 3.20% 6.20%

高設定示唆 – – – 3.10% 3.10% 9.40%

示唆なし 76.50% 81.80% 76.50% 81.10% 76.50% 78.20%

 

天膳BCでの設定判別

設定1 設定2 設定3 設定4 設定5 設定6

奇数示唆 47.84% 19.12% 47.27% 19.28% 45.84% 20.07%

偶数示唆 19.72% 48.41% 19.97% 47.67% 20.36% 45.69%

高設定示唆 1.72% 1.84% 2.15% 2.68% 3.52% 4.25%

示唆なし 30.73% 30.63% 30.60% 30.38% 30.27% 29.99%

 

※高継続率確定のモードEは非考慮

 

設定別の告知タイミング振り分けの奇数偶数示唆を数値で出してみました。天膳判別の「高設定示唆」は高継続率確定の3ベル・6ベルで計算しております。

 

弦之介BCのメリット

・奇数偶数で大きな設定差があること
・高設定確定演出があること

 

天膳BCのメリット

・設定示唆が出現する頻度が高いこと

設定を断定できる「高設定確定演出」がある弦之介BCがやはり基本的には良いと思います。

 

【まとめ】

天膳BCは状況に応じて使うのがベストかと思います。

設定狙いをするのであれば弦之介BCの一択。

ただ、天膳でも推測は出来るため、この情報を知らない人が打っていた場合、残り何ベルでBTにいったかを見ることで、偶奇の判別もでき、思わぬお宝台に巡り合うかもしれません。

また、お店の癖をつかむために、天膳BCを使うという方法もあるでしょう。設定を偶数よりに入れているのか、それとも奇数よりで入れているのかを見るだけでも、周りとの差が広がると思われます。

ただ、設定6でドヤ顔で天膳BCを選び続けると、普段から客層や顔などチェックしている人からしたら、設定掴んだなと推測されること、偶奇を判別されることもある為、注意が必要です。

まぁ顔を覚えられてもいいし、ドヤ顔したい方は無用な考えですけどね。

ただ、先ほどから言っているように知らない方にとっては色々と使いやすい情報かと思うので、覚えておいてお宝台を見つけていきましょう。

バジリスク絆 天膳の残りベルの示唆についてでした。